カタログギフトは有効期限に注意して!期限が切れてしまった時の対処法は?

カタログギフトは有効期限に注意して!期限が切れてしまった時の対処法は? 未分類

カタログギフトは、結婚・出産の内祝いから、法事の香典返しまで、様々なシーンの贈り物として人気があります。そんなカタログギフトですが、有効期限があることはご存知でしたか?
期限切れのカタログギフトを贈ってしまった!などのトラブルが起きないように、カタログギフトの期限が切れてしまった時の対処法をご紹介します!

カタログギフトの有効期限はどのくらい?

カタログギフトの有効期限は、カタログのメーカーや、購入した店舗によって異なります。一般的には、カタログギフトを購入した日から3ヶ月〜6ヶ月程が多く、長い物だと1年近く余裕のある場合もあるようです。メーカーやショップによって差がありますので、不安な場合はカタログギフトを購入する前にメーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

また、カタログギフトを頂いた場合は、あまり寝かせずに早めに商品を注文するようにしてください。カタログギフトの購入者が早めに贈り物を準備していた場合など、カタログギフトを受け取った時には、思いの外期間が短い場合もありますので注意が必要です。

期限が切れてしまったら利用できないの?

基本的には期限が切れたら利用できません。

有効期限が切れてしまったカタログギフトは、基本的には利用することはできなくなります。
カタログギフトの多くは、申し込みハガキの分かりやすいところに、有効期限が記載されており、この期限が過ぎてしまうと、商品を交換する権利は失われてしまいます。
お金を払って購入したものなのに、交換できないなんて!と感じる方もいるかもしれませんが、きちんと法律に基づいた決まりになっています。
また、商品を申し込まなかったからと言って、カタログギフトの購入者に商品代金が返金されることもありません。せっかくいただいた贈り物を無駄にしてしまうことのないように、カタログギフトは早目に申し込みましょう。

期限が切れてしまったらどうしたら良いの?

カタログギフトの発行会社に問い合わせをしてみましょう。


カタログギフトの有効期限が切れると、商品を交換する権利が失われると説明しましたが、実際には交換に応じてくれる発行会社もあります。その場合の対応は、発行会社によっても異なりますし、期限がどれほど過ぎてしまったのかでも変わってきます。そのため、ハガキを送る前に発行会社に問い合わせをしてみてください。

場合によっては、特に問い合わせをせずに期限をすぎた申し込みハガキを送っても、すんなり商品と交換してもらえることもあります。しかし、カタログギフトの申し込みハガキのほとんどには、発券番号が記載されているので、発行会社はどのハガキがいつまでの効期限なのかをきちんと管理しています。そのため、発行会社が期限切れに気付かずに商品を発送してしまった、ということはありませんので理解しておく必要があります。
少しでも交換してもらえる可能性を高めたいのであれば、ハガキを送る前に問い合わせをするのが基本になります。その際には、本来であれば権利が失効しているという事実は念頭に入れて、謙虚な気持ちで問い合わせをしてみてください。

期限が切れたらどのような対応になるの?

発行会社や、有効期限の長さなどによって対応は様々です。


カタログギフトは常に同じ商品が掲載されているのではなく、どんどん新しい商品に入れ替えがされています。そのため申し込み期限を過ぎてから商品を注文すると、頼んだ商品が既に掲載中止になっていたり、商品が人気で完売してしまったりすることもあります。そのような時には、頼んだ商品と似たような品物が代わりに届く場合や、新しいカタログが届いてもう一度商品を選んでいただく場合もあります。
また、申込期限が切れてハガキが無効になるのを防ぐために、カタログギフトの発行会社がおすすめの商品を代わりに選んで送ってくれる場合もあったり、カタログギフトの送り主(購入者)に連絡をして、カタログを受け取った方の代わりに商品を選んでもらうようにお願いをしたりするサービスを行っている会社もあります。
このように、対応の方法は発行会社によって異なりますし、ここで上げたパターンが全てではありません。不安な場合は購入前に問い合わせをしてみると安心です。

 

カタログギフトを相手に贈る前に期限が切れないか心配です。そんな時はどうしたら良いの?

カタログギフトを購入する前に、販売店に相談してみてください。


基本的にカタログギフトの有効期限は商品を購入してからの期限になりますが、販売店によっては期限を伸ばしてもらえる場合もあります。商品を購入する前に、カタログギフトの使用日(相手に差し上げる日付)を伝えておくと、余裕を持って期限を設定してもらえる場合もありますので、販売店に相談してみてください。なお、販売店によっては期間の変更ができない場合もありますので、通常とは異なる対応であることは理解した上で、相談してください。

有効期限を忘れずに、確実に商品を引き換えましょう。

カタログギフトは商品のラインナップがたくさんあるので、いざ注文しようと思うと迷ってしまう方も多いはず。しかし、必要な物が見つかった時に申し込めば良いかと後回しにしてしまうと、有効期限を過ぎてしまうリスクが上がります。


カタログギフトをくださった方は、あなたにとって1番必要な物を受け取って欲しいという思いを込めて、カタログギフトという選択をしているはずです。そんな相手の気持ちも尊重できるように、カタログギフトは有効期限のうちに引き換えるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました