出産内祝いが遅れてしまった…!贈る時期が遅れてしまった場合の対処法を解説!

出産内祝い

出産後に赤ちゃんの誕生を一緒に祝って、お祝いをくださった方にはしっかりと感謝の気持ちを伝えたいですよね。しかし、出産後のママは赤ちゃんのお世話が忙しく、不慣れなことも多いため、気づいたら出産内祝いを贈るのが遅れてしまった…というケースもあるかもしれません。

今回は出産内祝いを贈る時期が遅れてしまった、という場合の対処法について解説していきます。

そもそも出産内祝いは、いつまでに贈るべきなの?

お祝いをいただいてから1ヵ月以内がマナーです

出産内祝いはお祝いをいただいてから1ヵ月以内に贈るのがマナーと言われています。遅くても2ヵ月以内にお返しするのが一般的です。出産後は不慣れなことも多く、ママの体調も安定しないこともあるかもしれません。あらかじめ出産内祝いが遅れてしまいそうと分かったときには、お祝いのお礼を伝えつつお返しが遅れる旨も連絡しておきましょう。連絡もなく遅くなってしまうと、お祝いをいただいたのにも関わらず失礼にあたってしまいます。それだけでなく「体調が優れないのかな?」「大丈夫かな?」と相手を不安にさせてしまう可能性もあるので、なるべく早くお返しをするようにしましょう。

なかなか渡せず贈る時期が遅れてしまったらどうしたらいい?

相手の住所を伺い、配送して届けましょう

出産内祝いは、お祝いをくださった相手の元に出向いて、品物を直接手渡しすることが理想とされています。しかし近年では、相手の住所に配送することも一般的ですので、必ずしも手渡しにこだわる必要がなくなってきています。スケジュールが合わず長期間渡すことができない場合は、できるだけ早く渡すことができるように配送で手配しましょう。その際は、内祝いを届ける旨をあらかじめ連絡し、相手がきちんと受け取れるように配慮が必要です。

遅れてしまったとき「のし」にはなんと書く?

「出産内祝」「内祝」もしくは「御礼」でのしを準備しましょう

出産内祝いが遅れてしまった場合も、通常通り「出産内祝」または「内祝」と書き、名前部分には赤ちゃんの名前を書きます。

まれに1年以上お返しするのが遅れてしまい、赤ちゃんも大きくなっているという場合もあります。その場合は「御礼」と書き、蝶結びの熨斗を選ぶとよいでしょう。通常は名前部分に赤ちゃんの名前を入れて渡しますが、1年近く経ってしまっていたり、相手が既に赤ちゃんの名前を知っていたりする場合は、赤ちゃんの名前は入れずに空白にするか名字を入れて贈るとよいでしょう。

遅れてしまったときは必ずメッセージカードを添えよう

お返しが遅れてしまって申し訳ない気持ちを必ず伝える

出産内祝いを贈れて渡すときはメッセージカードを添えて気持ちが伝わるようにしましょう。その際、必ず遅れてしまったお詫びの一文を入れてメッセージカードを用意し、丁寧にお返しするようにしましょう。

ギフト専門店のギフトプラザでは、出産内祝いのご購入特典としてオリジナルのメッセージカードを作るサービスを利用することができます。写真を入れることができるフレームや出産内祝い専用フレームがありますので、赤ちゃんの近況も一緒に伝えることができます。

ギフトプラザの出産内祝いはこちら>> 

出産内祝いが遅れてしまったときのメッセージカード例文

親戚や上司など目上の方の場合

〇〇(赤ちゃんの名前)の出産の際はお気遣いをいただきありがとうございました。本来であれば直ぐにお礼をしなければならないところ大変遅くなってしまい申し訳ございません。ささやかではございますが内祝いの品を送らせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

友人や同僚などの場合

少し遅くなってしまったけれど、内祝いを贈らせていただきます。お陰様で〇〇(赤ちゃんの名前)は元気に育っています。親子共々これからもよろしくお願いします。

出産内祝いが遅れてしまったときの商品の選び方や予算は?

時期が遅れてしまっても商品の選び方や予算に変わりはありません

出産内祝いを贈る時期が遅くなってしまっても、商品の選び方や予算に変わりはありません。しかし、早めに購入し渡しそびれていたものが「季節外れ」になっている場合は注意が必要です。例えば夏に渡すはずだった素麺のギフトを冬に渡すと、受け取った相手も困惑してしまいます。賞味期限が切れていないとしても、季節外れなものを選んでいる場合は品物をもう一度選び直してもよいでしょう。

1年以上遅れてしまった場合でもお返ししした方がいいの?

数年経ってしまってもお返しはするべき

まれに1年以上お返しが遅れてしまい、赤ちゃんも大きくなっていますが、それでもお返しはした方がいいのか、という質問をいただくことがありますが、たとえ遅れてしまったとしてもきちんとお返しはするべきです。「今更感が出てしまうのではないか」という不安もあるかもしれませんが、お祝いをいただいたのにお返しをしていないことが自分自身の心残りになってしまいますし、お相手との良好な関係を築くためにも、いただいたものにはきちんと感謝を伝えてお返しをするようにしましょう。時間が空きすぎてしまって気まずい、と感じる方は相手の結婚や出産、新築祝いなどのタイミングで出産内祝い分も合わせてお祝いを贈るとよいかもしれません。その際は必ずお返しをしていなかったお詫びを伝えるようにしましょう。

最後に

出産祝いを贈ってくださった方は、赤ちゃんの誕生を祝って一緒に喜んでくださった方々です。お返しが遅くなってしまっても、必ずお返しを準備して、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

出産内祝いの人気アイテムはこちら>>

タイトルとURLをコピーしました