出産祝いを贈るタイミングは?贈る際のマナーや相場を解説

出産祝いを贈るタイミングは?贈る際のマナーや相場を解説

出産祝いを贈るタイミングは?贈る際のマナーや相場を解説します

出産祝いを徹底解説!
出産祝いは赤ちゃんが無事に生まれたことを祝う慣習です。一般的には祝福の気持ちを込めて贈るお祝い金や品物をさします。出産祝いに何を贈るの?出産祝いの相場は?など、ギフト専門店のアドバイザーが疑問にお答えします。

Q1.出産祝いを贈るタイミングは?いつ頃贈る?

出産後1週間から1ヵ月の間に贈りましょう出産祝いを贈る時期は、出産後1週間から1ヵ月の間が理想的です。しかし、出産直後のママは何かと忙しく、体調も本調子ではありません。よほど親しい間柄でない限り、病院にお祝いに行くのは控えましょう。両親や近親者ならば、出産直後に病院へ出向いてお祝いすることもありますが、友人や職場の同僚といった間柄の場合は、母子が退院後、7日後のお七夜を過ぎてから、1ヵ月後のお宮参りまでの期間に贈るというのが一般的です。

Q2.出産祝いは何を贈る?

ママや赤ちゃんが喜ぶ品物、またはお祝い金(お金)を贈る場合もあります一般的には出産祝いはベビー用品やママが喜ぶ育児グッズなどを贈ります。お金でお祝いを贈る場合もありますが、目上の方、年上の方にお金でお祝いを贈ってしまうと「生活に困っていると思われているのかも」と不快な気持ちにさせてしまう可能性があるため、品物を贈るようにしましょう。お金でお祝いをする場合は、友人、同僚、後輩であれば失礼にあたりませんが、それぞれの関係性から贈るものを考慮しましょう。仲の良い友人であれば、あらかじめ何が欲しいか聞いておくと良いでしょう。

Q3.出産祝いをお祝い金(お金)で贈る場合の相場は?

お金でお祝いを贈る場合は、相手との関係性によって相場が異なります

兄弟の場合

一般的な相場は10,000~50,000円です。ただし、身内の場合あらかじめ家族でのルールがある場合があります。また、自分の立場や年齢によっても変わることがあるため、相場が分からない方は家族に相談するのがよいでしょう。

友人の場合

一般的な相場は一般的な相場は3,000~10,000円です。友人の場合は相場以上の金額を贈ると、かえって気を遣わせてしまう場合もあります。また、周りの友人と相談して金額を決める場合もありますので、あらかじめ話し合っておくのもよいでしょう。

職場の後輩に贈る場合

一般的な相場は3,000~10,000円です。職場の後輩の場合、連名(複数名)で贈るケースもあります。また、社内でルールがある場合もありますのであらかじめ確認しましょう。

Q4.出産祝いをお祝い金(お金)で贈る場合ののし袋はどう用意する?

蝶結びののし袋を選びましょうのし袋にはさまざまな種類がありますが、出産祝いの場合は蝶結びののし袋を用意します。(蝶結びはほどいても何度も結び直せる=出産は何度あっても喜ばしいことの意味)最近では、出産祝い専用にかわいらしいデザインののし袋が販売されています。出産祝い専用ののし袋にはあらかじめ「ご出産祝い」「御祝」などの文字が印字されていますので書き方に悩む必要が無く、簡単に用意ができます。

Q5.のし袋の書き方などのマナーや注意する点は?

のし袋は種類の選び方だけではなく、書き方やお札の入れ方など注意する点が多数あります

① のし袋を書くときにボールペンはNG

これはご存じの方も多いと思いますが、ボールペンや万年筆で書くのはマナー違反です。黒墨の毛筆や筆ペンで書くようにしましょう。毛筆が苦手…という方もいると思いますが、上手に書くというよりも、読みやすく、はっきりと丁寧に書くことを心がけて書きましょう。

② 新札を用意しましょう

これもよく耳にすることなので、ご存じの方も多いと思います。お祝いごとに関しては新しい折り目のない新札を使用するのがマナーです。新札には、「新しい家族へのお祝いの気持ち」や「ご出産を心待ちにしていて、前々からお祝いを用意していました」という気持ちが込められています。新札の入手方法は、銀行や郵便局の窓口で両替してもらったり、銀行の両替機を利用したりするのが一般的です。どうしても新札を準備するのが難しい場合は、出来るだけキレイなお札を選ぶようにしましょう。

③ 名前(連名)の書き方

自分の名前だけを書く場合は問題ないのですが、悩んでしまうのが複数人の連名で贈る場合の名前の書き方です。会社や団体、親戚同士でなど、数名で贈る場合もありますよね。その場合、3名までの連名はそのまま並べて記入して構いません。1番右側から左側へと、地位や年齢の高い人順に書くのがマナーです。夫婦連名の場合は、名字は1つ、名前を2つ記載します。3名以上の連名になった場合は、無理に書かずに会社名や団体名を書き、「○○一同」などとするようにして下さい。贈り主全員の名前を書きたい場合は、和紙などに全員分の名前を記入して、それを袋の中に一緒に入れます。親戚付き合いの中で贈る場合には、同じ名字の方がいる確率が高いため、できるだけフルネームで名前を書きましょう。簡単に名字だけ書いてもマナー違反にはなりませんが、誰に頂いたものだかわからなくなってしまう可能性がありますので気を付けましょう。

④ お札を入れるときの向き

新札も準備し、のし袋もバッチリ書けた!だけど…お札を入れようと思った瞬間、あれ?と思ったことはありませんか?実はお札の向きにもマナーがあります。紙幣の表(肖像画がある方)が袋の正面が同じ向きになるように入れましょう。さらに、肖像画が上に来るように入れます。必ず全ての紙幣が同じ向きになるよう、きちんと揃えて入れて下さい。

⑤ のし袋の格について

実はのし袋には格(レベル)があります。水引(リボンのような部分)が印刷されているだけのものから、とても豪華な鶴や亀をかたどった水引もあります。「中身をあまり多く包めないから…せめて外見だけでも豪華にしよう」と思って中の金額に見合わない袋を使用してはいけません。目安としては、入れる金額の100分の1程度の袋が額相当の袋です。中身が3万円ならば300円程度、5万円ならば500円程度のご祝儀袋を用意します。

⑥ 最後の確認

最後に意外と多いトラブルで一番困ってしまうのが「お金の入れ忘れ」。もらった側はどうにも指摘しづらい部分です。自分が贈る側の際は、これだけは絶対に避けたいですね。最後にきちんとお金を入れたことを確認しましょう。

Q6.出産祝いを品物で贈る場合の相場は?

品物でお祝いを贈る場合は、相手との関係性によって相場が異なります

兄弟の場合

一般的な相場は10,000~50,000円です。ただし、身内の場合あらかじめ家族でのルールがある場合があります。また、自分の立場や年齢によっても変わることがあるため、相場が分からない方は家族に相談するのがよいでしょう。

友人の場合

一般的な相場は一般的な相場は5,000~10,000円です。友人の場合は相場以上の品物を贈ると、かえって気を遣わせてしまう場合もあります。また、周りの友人と相談して相場を決める場合もありますので、あらかじめ話し合っておくのもよいでしょう。

職場の上司・先輩

一般的な相場は3,000~10,000円です。職場の後輩の場合、連名(複数名)で贈るケースもあります。また、社内でルールがある場合もありますのであらかじめ確認しましょう。

職場の後輩に贈る場合

一般的な相場は3,000~10,000円です。職場の後輩の場合、連名(複数名)で贈るケースもあります。また、社内でルールがある場合もありますのであらかじめ確認しましょう。

Q7.出産祝いを品物で贈る場合はのしを付けたほうが良い?リボンでもいいの?

のしを掛けることで丁寧な贈り物に品物を贈るときには、のし紙をかけるのが正式なマナーです。「出産祝い」は人生の中でも数回しかないライフイベントですので、のしを付けて丁寧に贈ることをおすすめします。さらに、のしを付けることで、どのような用途で贈られたものなのか、また誰に頂いたものなのか分かるようになります。リボンのラッピングで贈ることは間違いではありませんが、リボンは西洋発祥の文化です。カジュアルな「プレゼント」という印象になってしまいますので、特に目上の方に贈る際は気を付けましょう。

Q8.出産祝いを品物で贈る場合ののしはどう用意する?

蝶結びののしを選び、「出産御祝」と「贈る側の名前」を書きますのしには様々な種類があり「水引」という飾りひもの色や結び方に意味があるため、誤った種類を選ぶと恥ずかしい思いをしてしまいますので注意しましょう。まず出産祝いの場合は蝶結びののしを選びます(蝶結びはほどいても何度も結び直せる=出産は何度あっても喜ばしいことの意味)。表書き(のし上部分)には「出産御祝」または「御出産御祝」と書き、名前の部分(のし下部分)には贈る側(自分)の名前を書きます。苗字のみを書くことが一般的ですが、フルネームを入れても問題ありません。親戚付き合いの中で贈る場合には、同じ名字の方がいる確率が高いため、できるだけフルネームで名前を書きましょう。夫婦で贈る場合は、連名(夫を右側、妻の名前のみを左隣りに)で名前を書きます。

Q9.出産祝いの定番ギフトは?

育児グッズや消耗品、おもちゃが定番ですお祝いの品としては、ベビー服や肌着、寝具、タオル、シーツ、おもちゃ、絵本などが定番になっています。消耗品の中でも必ず使うのが「おむつ」。おむつを可愛くラッピングした「おむつケーキ」も出産祝いの定番になっています。必ず使用する消耗品であればママにも喜んでもらえます。

① おむつや衣類を贈る場合はサイズに気を付けましょう

赤ちゃんの成長はとても早いので、おむつや衣類などを贈る際はサイズに注意しましょう。せっかく頂いたのに小さくて使えなかった、という事が無いようにあらかじめサイズを伺うか、子育て経験のある人に相談するのもよいでしょう。衣類であればあらかじめ大き目の、1歳半~2歳用を選ぶとよいでしょう。おむつや衣類だけでなく、おもちゃを選ぶ際も赤ちゃんの発育に合わせたものを選ぶことをおすすめします。

品物が重なってしまわないように注意しましょう

出産祝いでよくあるのが「品物が重なってしまう」というケースです。消耗品であればそれほど問題はありませんが、とくにグループで高価な品物を贈るときほど慎重に選びましょう。例えばベビーベッドやベビーカー、チャイルドシートなどの高価な品物は、双方の実家の両親や祖父母などから贈られていることもあります。品物の重複を避ける最善策は、何が欲しいか事前に聞いておくことです。親しい間柄であれば、先方の希望を聞いてから贈ることをおすすめします。

Q10.3,000円台でおすすめの出産祝いは?

スタイや小さめのおむつケーキ、おもちゃがおすすめです3,000円台で出産お祝いを贈る場合は、消耗品であるスタイ、おむつケーキがおすすめです。3,000円の予算があれば、ママも喜ぶベビーブランドや素材にこだわったスタイを贈ることができます。出産祝いの定番である「おむつケーキ」も3,000円台から販売されていますので、何を贈ったらいいかわからないという方におすすめです。また赤ちゃんが遊べるおもちゃ(ガラガラやラトル)、赤ちゃん用の絵本などを予算内で組合せて贈るのもおすすめです。

Q11.1万円未満でおすすめの出産祝いは?

ベビー服セットがおすすめですスタイ、トップス、パンツなどがセットになったベビー服のギフトセットがおすすめです。赤ちゃんの成長はとても早いので、可愛いお洋服を揃えたいと思っていてもついつい後回しになってしまう事も・・・。そんな時にお出かけ用の可愛いお洋服のセットをいただいたら嬉しいですよね。1万円以内で揃うブランドのベビー服セットや、オーガニックコットンの優しい素材にこだわったセットなどもあります。小さくて着られなかったという事が無いように大きめのサイズ(1歳半~2歳用)を選ぶようにしましょう。

Q12.1万円以上でおすすめ出産祝いは?

離乳食を作る為のブレンダーや抱っこ紐、ベビーカーなどの育児グッズがおすすめです1万円以上の予算がある場合は、選べる品物がより増えますので、ママの育児を助けるグッズを選ぶのがおすすめです。離乳食を作る為のブレンダーは、産後すぐには使わないものの5~6ヵ月後の離乳食を始める頃にはあると嬉しい家電です。また、更に予算がある場合(3万円など)抱っこ紐やベビーカーなどを贈るのも良いでしょう。高額な品物を贈る際に注したいのが、品物の重複です。他の人のお祝いと重ならないように、親しい間柄であれば、先方の希望を聞いてから贈ることをおすすめします。

Q13.出産祝いで食器が人気?おすすめは?

離乳食から2歳ごろまで長く使えるベビー食器のセットがおすすめですベビー食器も出産祝いの人気のアイテムです。赤ちゃんが離乳食を始める時期は、一般的に5~6ヵ月のため、まだ用意していないことも多くベビー食器は喜ばれます。割れない素材のシリコン素材や木製素材のもの、離乳食を作る為のスリコギや保存容器がセットになったものなどさまざまな種類があります。中には離乳食だけでなく、離乳食後も長く使えてお箸の練習ができるセットも。ママが気に入って、長く使えそうなデザインと機能性を兼ね備えたものを選びましょう。

Q14.出産祝いで絵本が人気?おすすめは?

0歳の赤ちゃんでも楽しめる絵本がおすすめです絵本も出産祝いの人気のアイテムです。出産祝いで贈る絵本は、0歳の赤ちゃんでも喜ぶ絵本(対象年齢が0歳の絵本)がおすすめです。対象年齢が0歳の絵本には、色彩がはっきりしたものや、擬音で楽しく表現したものなど、赤ちゃんが喜ぶように作られているものがたくさんあります。また、素材が布でできた布絵本もあります。文字が多く、絵の細かい絵本は赤ちゃんがすぐに楽しむことができませんので、出産祝いで絵本を送る際には対象年齢を確認しましょう。

Q15.出産祝いで人気のキャラクターは?

特にディズニーやムーミン、スヌーピーが人気ですベビー用品もキャラクターアイテムが増えていますが、その中でも特に人気なのはディズニーキャラクターや、ムーミン、スヌーピーです。このキャラクターはママの人気が高いので、出産祝いでも喜ばれるキャラクターといえるでしょう。特にムーミンやスヌーピーは大人っぽいデザインやシンプルなデザインが多いのでどんな方にでも贈りやすいキャラクターです。

Q16.出産祝いでベビーグッズ以外を贈るのは間違い?

出産祝いはママ・パパ用のギフト、兄弟へのプチギフトもおすすめです出産祝いといえば、ベビーグッズや育児グッズになりがちですが、赤ちゃんが使うものでなければならないというルールはありません。出産を頑張ったママやこれから子育てを頑張るパパへのギフトも喜ばれます。ママ、パパが好きなものや、ママを癒すコスメアイテム、美味しいグルメなどを贈るとよいでしょう。その際の注意点としては、授乳中のママのことを考え、カフェイン、アルコールが入っているものは避けるようにしましょう。メインのお祝い品を育児グッズにして、ママ・パパへのプチギフトを添えるのもおすすめです。また、生まれた赤ちゃんにお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、その子たちにちょっとしたプレゼントを贈るのもおすすめです。弟や妹が生まれて嬉しい反面、両親の愛情が独占されないか不安に思っているかもしれません。周囲の「あなたのことも忘れていないよ」という気持ちを伝えれば、心のこもった贈り物になるでしょう。

Q17.出産祝い、赤ちゃんが双子の場合はお祝いも倍になる?

お祝いの金額を倍にする必要はありませんが、品物の場合は2セット用意しましょう出産祝いは本来、子どもへのお祝いというよりは子どもが生まれた「家」に差し上げるものです。ですから1つの金封にいれてお渡しします。お祝いの金額も双子だからといって倍にする必要はなく、通常通りの金額で構いません。現金でなく品物を贈る場合も、バラバラに包装するのではなく一緒にまとめて包み、のしを掛けるとよいでしょう。ただし、品物で洋服などを贈る場合は、赤ちゃんそれぞれに1つずつ、2セット用意するようにしましょう。

Q18.出産祝いに何を贈れば良いか悩んで決められないときは?

ママが好きなものを選べる「出産祝い用カタログギフト」がおすすめです出産祝いで贈る品物は、何を贈ったら喜ばれるのか、お洋服やおむつのサイズやデザインは何が良いのか、他の人と同じものを選んでいないかなどとても悩ましいものです。特に育児経験がない方にとっては、ママがどんなアイテムを必要としているのか分からないという方も少なくないと思います。そんな時におすすめしたいのが「出産祝い専用カタログギフト」です。カタログの中にたくさんの育児グッズが掲載されており、その中からママが好きなものを選べる、というものです。出産祝い用カタログギフトであれば、出産祝いを贈る人ももらう人もお互いが満足できます。

Q19.2人目、3人目の出産祝いのおすすめは?

消耗品やその子の性別に合わせたものがおすすめです2人目、3人目の出産の場合は既に多くのベビーグッズを持っている場合があるので、品物を贈る際には注意が必要です。いくつあっても困らない、タオルやおむつなどの消耗品であれば必ず使用するものですので喜ばれると思います。また、1人目、2人目と性別が異なる場合、(例えば1人目は女の子で、2人目が男の子の場合など)男の子らしい、または女の子らしいアイテムを準備できていないことが多いので、2人目、3人目の赤ちゃんの性別に合わせて品物を選ぶのも良いでしょう。

Q20.出産祝いを贈るときメッセージカードを付けたほうが良いの?例文は?

出産おめでとう、の気持ちを込めてメッセージを添えましょう特に宅配で出産祝いを贈る場合は、無事生まれた赤ちゃんへのお祝いの気持ちや、出産を頑張ったママへの激励の言葉などを添えて贈りましょう。メッセージカードでより気持ちの伝わる贈り物になります。

例文①

ご出産おめでとうございます。新しいご家族が増え、ますます楽しい日々を過ごされていることと思います。ささやかではございますがお祝いの品をお送りいたします。お子さまの健やかな成長とご家族の皆様のご多幸を心よりお祈りしております。

例文②

出産おめでとう。母子ともに元気だと聞いて安心しました。●●がママになったと思うと、私も自分事のように嬉しいです。赤ちゃんの顔が見られるのを楽しみにしています。

例文③

●●出産おめでとう!そしてお疲れ様でした!これからは赤ちゃんと一緒によりいっそう幸せな家庭を築いてね。子育ては大変なことも多いけど、無理しすぎず、体調には気を付けてね。落ち着いたら赤ちゃんの顔を見にいくね!

Q21.出産祝いを贈るのが遅れてしまった場合どうしたらいい?気を付けることは?

出産祝いを贈るのが遅れてしまった場合どうしたらいい?気を付けることは?出産祝いを贈るのが遅れてしまった場合は、出来るだけ早くお祝いを用意しましょう。手渡しでお祝いを贈るのが理想的ですが、遠方の場合や予定が合わない場合は、宅配で贈るようにし、必ずメッセージカードを添えましょう。その際お祝いが遅くなってしまったお詫びの言葉を添える必要があります。出産祝いは遅くても産後2~3ヵ月に贈りたいもの。それ以降はハーフバースデーや1歳の誕生日に合わせて「御祝」ののしをかけて贈ると良いでしょう。

フォトカード
フォトカード
新規会員登録 ログイン