端午の節句に五月人形を飾るのはなぜ?人形の種類とその意味とは?

端午の節句に五月人形を飾るのはなぜ?人形の種類とその意味とは?

端午の節句に五月人形を飾るのはなぜ?人形の種類とその意味とは?

端午の節句、五月人形を徹底解説!
端午の節句とは?なぜ、五月人形を飾るの?人形の種類と飾り方の違いとは?など、ギフト専門店のアドバイザーが疑問にお答えします。

Q1.端午の節句とは?

古くから伝わる、男の子の誕生を祝い健やかな成長を祝う伝統行事です「端午の節句」はもともと古代中国の季節行事「五節句(七草の節句、桃の節句、端午の節句、竹(笹)の節句、菊の節句)」の1つでした。季節の変わり目に健康を願い、厄払いをしていたことが由来にあるようです。それが日本に伝わり、奈良時代のころには、5月5日に薬草を摘み、災いを受けないように祈る風習が生まれました。節句の日に「菖蒲湯に入る」というイメージもあると思いますが、特に「菖蒲(しょうぶ)」は、剣のような葉っぱの形と、強い香りが邪気を払うとされています。更にその「菖蒲」という言葉が「勝負」または「尚武」に通じることから、当時の武家にとっては大切な年中行事になりました。そして男の子の節句として、現在まで受け継がれてきました。家族みんなで男の子の誕生を祝い、無病息災と健やかな成長を願います。

Q2.男の子の初節句はどう祝う?端午の節句を楽しむには?

お子さまの成長を祝福し、華やかにお祝いしましょう男の子が生まれて、初めて迎える5月5日を「初節句(はつぜっく)」といいます。お子さまの成長を祝福し、将来の幸せを祈る大切なお祝いです。華やかに、賑やかにお祝いをしましょう。ちょうど「端午の節句」は5月5日のこどもの日で、連休の方も多いはずです。両家のご両親と一緒にお祝いのお食事会をするのもおすすめです。ご自宅に招く際は、三角の形が邪気を払うという「粽(ちまき)」や子孫繫栄の意味を持つ柏の葉を使った「柏餅」はぜひ用意するようにしましょう。

Q3.五月人形はなぜ飾るの?どのような意味があるの?

お子さまの健やかな成長を願う、お守りとしての意味があります昔から人形は、災いを人の身代わりになってくれるといわれています。五月人形にはお子様の健やかな成長と強くたくましい男の子に育つようにという願いが込められています。また兜(かぶと)や甲冑(かっちゅう)、弓などは戦うための道具と捉える考え方もありますが、武将にとっては身を守る大切な装備です。五月人形の兜や甲冑には「わが子を守ってくれるように」という願いが込められています。

Q4.五月人形は何月頃に飾り、いつしまう?

春分の日以降に飾り、5月の中旬頃にしまうのが一般的です五月人形は3月昇初旬から4月初旬までに購入(注文)し、春分の日が過ぎてから4月中旬までには飾るようにしましょう。5月5日が過ぎたらすぐにしまっても良いですが、雛人形のように「しまうのが遅れるとお嫁に行くのが遅くなる」というような言い伝えもないため、5月中旬頃まで飾る方が多いようです。地域によっては旧暦でお祝いする場合もありますので5月末日まで飾ってもよいといわれています。ただし長く飾る場合は、湿度の高くなる梅雨の前にしまいましょう。

Q5.五月人形にはどのような種類があるの?

五月人形は大きく分ければ3種類あります

鎧飾り(よろいかざり)

鎧と兜が揃った、甲冑全てを飾るタイプで、豪華で本格的に飾りたい方におすすめの五月人形です。一般的には大型から中型の飾りが多く、比較的に高価な物が多いのが特徴です。

兜飾り(かぶとかざり)

甲冑の兜の部分だけのもので、コンパクトな物から着用できる大型の物まで、最も種類が多く代表的な五月人形です。 一般的に弓と太刀の飾り「弓太刀(ゆみたち)」を添えて飾ります。

以下は「五月人形」ではありませんが、同じ時期に飾るものとして紹介します。

鯉のぼり鯉は出世の象徴と言われることから「お子さまが元気に育ち、将来立身出世しますように」という願いを込めて飾ります。ポールを立てて外で飾るのが一般的です。

福島県の「のぼり旗」端午の節句に外に飾るのは「こいのぼり」が主流になっていますが、ひと昔前まではのぼり旗に勇壮な武者絵などを描いた「武者のぼり(幟)」を飾るのが主流でした。(地域や時代によって「五月幟」「武者絵のぼり」など様々な呼び名があります)全国的に手描きの幟業者が減り印刷ものが主流になっていく中、福島県いわき市では現在も複数の職人が制作を続けています。江戸時代からの伝統を絶やさない為にと、”いわき市内で一定の手法により制作された武者のぼり”を「いわき絵のぼり」とし、平成9年「福島県の伝統的工芸品」に指定されています。手画きののぼり旗は貴重ですし、最近ではこいのぼりが主流になり、のぼり旗を準備されるご家庭も少なくなっています。せっかくの伝統工芸の技が福島県にはありますので、ご検討されるのもいいかもしれません。

Q6.五月人形 飾り方の違いとは?

平飾り(ひらかざり)

平台飾りとも言いますが、一段のみの飾り台や、床の間などに毛氈(もうせん)などを用いて直に飾り付ける方法を、平飾りと言います。この平飾りが一般的な飾り方になります。

収納飾り(しゅうのうかざり)

見た目は平飾りと似たような形にはなりますが、飾る台に、五月人形やお道具を収納でき、住宅事情の変化もあり、最近の主流になっている飾り方です。コンパクトに収納できるというのがポイントです。

段飾り(だんかざり)

主に三段で構成された飾り台で、もっとも豪華な飾り方です。ただし、それだけに非常に大型で飾る場所・収納場所が必要です。アパート住まいや、床の間がないご家庭が多い最近ではあまり見かけなくなりました。実際に着用できる鎧兜もあります。

ケース飾り

ガラスやアクリルのケースの中に、五月人形とお道具が全てセットされているものです。ケースに守られているため、ホコリなどの影響を受けにくく、最も飾りつけも簡単で、メンテナンスがしやすい五月人形になります。価格帯も手頃なものが多く人気があります。

着用飾り(ちゃくようかざり)

これは、飾り方とはまた少し違い、鎧兜の「つくり」の違いになりますが、段飾りのところで少しお話したように、実際にお子様が身につけることができる鎧兜が着用飾りと言われます。鑑賞用だけでなく、着用なので、サイズも大きめに出来ていて立派なものが多くなります。だいたい2~3歳くらいのお子様であれば、実際に着ることができますので、飾るだけでなく実際に兜をかぶってみて、記念写真を撮るのもおすすめです。

Q7.五月人形を選ぶ6つのポイント

①ご自宅の飾るスペースと収納スペースを考えて選びましょう飾る場所を広く取れるという方には「鎧飾り」、コンパクトに飾りたいという方には「ケース飾り」や「収納飾り」がおすすめです。天井が高く、広いスペースがあるお店で見ているとそんなに大きくないように見えますが、実際に家で飾ると大きさの感覚がかなり違います。最近では、一戸建てでも和室がないお家もありますし、飾る場所を決めて、あらかじめ寸法を測っておくとよいでしょう。

②予算を決めましょう五月人形は種類も豊富で、値段もピンからキリまで様々です。おじいちゃん・おばあちゃんから出資してもらう方も多いかと思いますが、ある程度の予算を決めておいたほうが選ぶ上でも的を絞りやすくなります。

③飾り台・屏風・使われている素材に注目してみましょう五月人形の全体のイメージを左右するのが、飾り台・屏風です。全体の雰囲気が気に入って即決する方も多いほど、飾り台や屏風は人形の印象の要となります。虎や龍などの絵柄が入っているものや、木目調のシックなものなど種類はさまざまです。また、金具や糸、布地など素材にもさまざまな種類があり、使われている柄や模様にもたくさんの意味が込められています。飾るお部屋のイメージに合わせながら、お気に入りの人形を選んでみてください。

④兜の「鍬形(くわがた)」にも注目してみましょう

最近では「伊達政宗」や「直江兼続」、「徳川家康」など戦国武将の兜のデザインも人気があります。鍬形の形によっても全体的な雰囲気が大きく異なりますので、兜の細かいデザインにも注目して選んでみましょう。

⑤ケース入りの場合はアクリル製とガラス製どちらがいい?人気の「ケース飾り」にはアクリル製のケースと、ガラス製のケースがあります。アクリルケースは、軽くて割れにくいため、扱いやすいというメリットがあります。一方ガラスケースのタイプは、重厚感・高級感があり、細かい傷も付きにくいため中のお人形が綺麗に見えます。アクリルケース・ガラスケースどちらにしても良いところがありますので、お好みの方をお選びください。

⑥優先順位を決めましょうお人形を選ぶにあたって、何を重視するかを決めておくと、悩んだ時の決定打になります。優先順位が、全体的な豪華さなのか、スペースを取らないものなのか、お人形の雰囲気や柄・色なのか、予算なのか…など、全ての条件が揃えば一番なのですが、それもなかなか難しいものです。優先順位をしっかりしておくと、スムーズにお買い物ができます。

⑦何軒かお店を見て見比べましょうお子様にとっては一生に一度のお人形です。高い買い物でもありますし、慎重に選びたいですね。値段や品質、その他のサービスなどを含めて、何軒かお店を見比べて、納得いくお買い物を。金額に関しては、値引き率に惑わされずに、実際の購入金額で比較しましょう。また、アフターサービスなども気にしておくといいですよ。

⑧最終的にはママが気に入ったものをもちろん選ぶ人みんなが気に入ったお人形を選べればいいのですが、世代的な価値観の違いや、現実的に飾るスペースなどを考慮すると、全員が納得!というものは難しいかもしれません。そこで、最終的には赤ちゃんのママの意見を優先に。毎年、飾りつけるのはおそらくママのお仕事。五月人形の飾り付け、片付けは想像以上に手間がかかります。ママの気に入ったものを優先し、毎年楽しく飾れるものを選びましょう。

Q8.五月人形を飾る場所を選ぶ3つのポイント

五月人形は家の中でも最も格式の高い「床の間」に飾るのが昔からの風習ですが、アパートやマンションでは床の間がない家庭も少なくありません。そのような場合に五月人形を飾る場所を決めるポイントがあります。

① 直射日光、空調が当たらない場所を選ぶ

直射日光や空調の風があたると、色あせや変色が起きやすくなります。また湿気に弱く、カビが生えやすい為、風通しの良い場所に飾ることが大切です。

② ご家族が集まる場所を選びましょう

床の間が無い場合は、「子供の成長を見守ってもらえる場所」としてご家族全員が集まるリビングなどを選んで飾るようにしましょう。

③ 五月人形を飾る方角について

五月人形を飾る方角に特別な決まりはありません。「北向きは縁起が悪い」などと、気にする方もいらっしゃいますが、ルールやしきたりは有りませんので、どのご家庭でも自由な方角に飾ることができます。

Q9.鎧兜の脇に飾られる道具には意味があるの?

邪気から身を守り、寄せ付けない「魔除け」の意味を持っています鎧兜の脇に飾られる太刀と弓矢にも、それぞれ意味合いがあります。どちらも武器として使う道具ですが、単なる武器として飾られているわけではありません。

弓は古来より神が降りて宿るものとされ、また弓を射る際の弦の音は邪気を払うものとされています。

太刀

五月人形で一般的に飾られる太刀は、その刀の光を魔物が嫌うために護身具ともされ、様々な儀式にも使用される神聖なものです。飾る際は「柄」を下、「鞘」を上向きにして飾りますが、これは「武器ではないために抜く必要が無い」=「平穏・平和」の意味が込められています。

Q10.五月人形は誰が用意する?

最近は両家であらかじめ相談することが多いようですおじいちゃん、おばあちゃんが購入される場合が多く、その中でも全国的にみるとお母様のご実家が贈られることが多いようです。しかし、最近はご両家であらかじめ相談したり、お母様のご実家では五月人形を、お父様のご実家ではこいのぼりを、といったように種類の違う飾りを選ばれたりする場合もよくみられます。

Q11.五月人形は1歳までに買わなくてはいけないの?

3歳くらいまでにご用意されることをおすすめします絶対に1歳までに用意しなければならないという決まりはありません。色々なご事情もあると思いますので、3歳くらいまでにご用意されることをおすすめします。お子さまも好き嫌いが分かってくる頃で、一緒に五月人形を選び一緒に飾ると、それも楽しい思い出となり、自然と毎年の習慣となると思います。

Q12.五月人形とこいのぼりはどっちも飾るの?

飾る意味合いが異なるため揃えて飾る事をおすすめします

五月人形は災いからお子様を守るためのお守り、こいのぼりは健やかな成長と立身出世を願う気持ちが込められています。内飾りの「五月人形」、外飾りの「こいのぼり」、本来の意味合いからすると両方を揃えてお子様をお祝いしたいものです。両家のご実家でそれぞれ購入する方もいらっしゃいます。住宅事情等によっては両方飾るのが難しい場合もありますので、その場合はどちらかだけでも良いと思います。アパートやマンションなどの場合は、内飾りの五月人形がオススメですが、最近では室内用の小さなこいのぼりなども人気があります。

Q13.五月人形を保管する際の注意点はありますか?

人形を劣化させてしまう一番の原因は「湿気」です人形が劣化する最大の原因は湿気です。保管する場所には、除湿剤を用いて湿気を防ぐようにしましょう。秋頃、湿度の低い晴れた日を選んで「虫干し」をすると安心です。人形や道具箱を取り出し、半日ほど風に当てたら埃を払ってからしまいます。長く美しい状態で飾るためにも心がけてみてください。

Q14.五月人形を贈る際にのしは必要?どのように書くの?

「御祝」または「初節句御祝」と書いて、のしをかけましょうおじいちゃん、おばあちゃんが五月人形を購入し、お孫さんに贈る際はのしを付けるとよりお祝いの雰囲気を出すことができます。のしの種類は「蝶結び」を選び、表書きには「御祝」または「初節句御祝」と書きましょう。下の名前部分には人形を購入した方のお名前を書きますが、あまりかしこまりたくない方は「おじいちゃん・おばあちゃん」と書く場合もあります。

Q15.次男や三男にも五月人形は必要?パパのおさがりでもいいの?

人形はお守りですので、一つずつ用意することをおすすめしますお子さまのお名前を五月人形の隣に豪華に飾ることができるのが名前旗です。刺繡タイプ、プリントタイプがあり旗の絵柄もさまざまあります。五月人形を飾るスペースや五月人形とのバランスを考えてサイズや色を選びましょう。最近では、人形とセットで購入する方が増えています。

Q16.名前旗とは?

五月人形の隣に飾るお子様のお名前を刺繍、プリントした飾り旗です五月人形は、それぞれのお子さんの成長を祈り、災いから身を守るお守りという意味からすると、本来はひとりにひとつ、別々に揃えたいものです。ただ、住宅事情などで難しい場合は、何かそのお子さんの記念になるようなものをご用意することをおすすめします。たとえば長男の五月人形がある場合は、「こいのぼり」を購入したり、元々こいのぼりもある場合は、さらに鯉を追加したりするのも良いでしょう。その他にも、お子様の名前の入った名前旗だけでもご準備いただけると、お子様自身も自分だけのものという印象が強まります。在では、節句用のアイテムがいろいろと販売されていますので、2人目・3人目の男の子が生まれた時は、1人目とはまた違う楽しみ方ができるかもしれません。

Q17.五月人形やお祝いをいただいたらお返し(内祝い)は必要?

周囲の方からお祝いをいただいた場合は内祝いを用意しましょう一般的にご両親(祖父母)から五月人形をいただいた場合は、内祝は必要ありません。一緒にお祝いをしたり、人形を飾った様子の写真を送ってあげたりして、感謝の気持ちを伝えましょう。もし親戚や周囲の方からお祝いをいただいた場合には、お返しの品を用意し、お礼状を添えましょう。熨斗(のし)の種類は蝶結びを用意し、表書きには「初節句内祝」または「内祝」と、「赤ちゃんのお名前」を書きます。

フォトカード
フォトカード
新規会員登録 ログイン