出産内祝い、お返し、お祝い、プレゼント、お歳暮・お中元の「ありがとう」を贈るギフト専門店【ギフトプラザ】

期間限定夏得クーポン
期間限定夏得クーポン

敬老の日Q&A

意外と知らない敬老の日を徹底解説!
敬老の日はいつ?おすすめ商品は? ギフト専門店のアドバイザーが疑問にお答えします

Q1.敬老の日とは?

年長者に日頃の感謝を伝え、その長寿を祝う日です
長年社会に尽くしてきた年長者をいたわり、日頃の感謝を伝えるための日本発祥の記念日です。1996年に制定されました。敬老の日当日は家族で祝宴を開いたり、贈り物をしたりするなどして感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。相手が遠方にお住いの場合は電話や手紙でお祝いの言葉を伝え、贈り物を送ると喜ばれます。

Q2.敬老の日はいつ?

敬老の日は毎年9月の第3月曜日です
2002年までは9月15日に定められていましたが、2003年から現在の9月の第3月曜日となりました。現在は特定の日にちが決められているわけではないので、その年によって日にちが異なります。

Q3.敬老の日は何歳からお祝いするの?

「何歳から」という細かいルールはありません
敬老の日の対象年齢が定められていないため、何歳から祝うかは個人の判断に任せられています。定年退職後や70歳などの節目の年齢から、孫が生まれた年からなどのタイミングで、敬老の日のお祝いを始めるとよいかもしれません。

Q4.敬老の日ギフトの定番商品は?

フラワーギフト、健康グッズ、グルメが人気の定番商品です
フラワーギフトは年齢を問わず喜ばれるプレゼントの一つです。長い間飾って楽しめるプリザーブドフラワーやソープフラワーは、おばあちゃんに特に喜ばれるギフトです。健康に気を遣われている方には、寒い季節に重宝する"あったかギフト"やマッサージグッズなど体を労わるものが良いでしょう。暮らしに役立つ日用品はもらった方も嬉しいはずです。グルメな方には、産地から直接お届けするお取り寄せグルメがおすすめです。新鮮な海鮮やスイーツなどおじいちゃん、おばあちゃんの好きなものを贈ると良いでしょう。贈り物を選ぶ際は相手のライフスタイルを思い浮かべて、ぴったりなものを選ぶようにしましょう。

Q5.敬老の日の相場は?

3,000円~5,000円の価格帯で選んでいる人が多数
敬老の日を祝う贈り物の金額には明確な決まりはありません。相手に喜んでもらえるものを出来る範囲で購入するのが良いでしょう。ただし、おおよその目安として1万円以内、中でも3,000円~5,000円の価格帯がよく選ばれています。

敬老の日

「のし」と「包装紙」の指定について

フォトカード
フォトカード
Cool Agri 7月の逸品農産物 ふくしまを味わう夏野菜セット
新規会員登録 ログイン